btn

JA北海道中央会について

会長メッセージ

会長メッセージ

 北海道は、全国の耕地面積の約25%を占める日本の食料生産基地です。私たちJAグループ北海道は、国民に対して食料を安定供給する大きな責任を果たすとともに、農業の振興を通じて北海道経済の発展に寄与しなければなりません。
 第一次産業を基盤とする北海道経済を牽引し、地域社会を守るためには、北海道農業の持続的な発展が欠かせないと思っています。そのためには、組合員が意欲を持って安心して農業を続けられる環境づくりが、私たち中央会をはじめJA、連合会に課せられた大きな使命です。
 JAグループは、組合員主体の組織です。道内約4万戸の組合員一人ひとりが経営者であり、その組合員がJAをつくり、JAが連合会・中央会をつくっています。組合員から始まる逆ピラミッド構造がJAグループの特色です。

 私自身、十勝の幕別町で農業を営んでおり、組合員の気持ちを片時も忘れることなく中央会で仕事をしています。中央会にとって大切なことは、JAグループ北海道を「代表」する組織として、組合員のために何ができるか、何をすべきかの視点に立つことであり、組合員の期待と信頼に応えるために一丸となって仕事をし、さらにJAグループの役割と価値を広く国民の皆さんに認めてもらうことが、私たちの組織使命であると考えています。
 EPAやTPPなど国際貿易ルールに関する交渉が進展する中で、私たち中央会は農業が持つ多くの価値を協同の力を結集して訴え、自然環境に恵まれたすばらしい北海道農業を守るために全力を尽くしてまいります。

北海道農業協同組合中央会 会長 飛田 稔章

sp_pagetop