btn

採用情報

職員紹介

協同活動推進室 鳥本愛結

担当業務

JA女性部の事務局、食農教育関連事業、スマートフォンアプリ「JA2MP(ジェイエイジャンプ)」の推進窓口などの業務を担当しています。

JA女性部とは農業に携わる女性を始め、食や農に関心のある女性達が集まって活動している組織です。私は事務局として、会議の開催や各都道府県JA女性部・JA青年部との連携活動など、組織の運営が円滑に行えるようサポートを行っています。

食農教育とは、食に関する正しい知識や大切さを伝える「食育」に、食を支える根本である農業に関する知識・体験を含んだ教育のことです。弊会では、教育大学の学生、新任の栄養教諭を対象とした農業体験や農村ホームステイ、児童養護施設への食育講座・調理実習を実施しているほか、食育フリーマガジンへの取材協力なども行っています。

また、「JA2MP」のダウンロードキャンペーンで札幌ドームやイベントに出向くこともあります。

staff_torimoto_02

ある日のスケジュール

8:30出勤、メールや予定の確認
9:00朝礼
JA女性部活動に関する問い合わせ対応
11:00JA女性部の行事に関する打ち合わせ
12:00昼食
13:00食育講座 当日配布資料の作成
14:00食育フリーマガジン 次号取材の打ち合わせ
15:00JA女性部活動に関する資料作成
16:30アプリ「JA2MP」 ダウンロードプロモーション 実施準備
17:30退勤

志望理由

生まれ育った北海道で、広く人を支える仕事に就きたいと考えていたことが志望のきっかけでした。

農業の盛んな地域に住んでいたこともあり、私にとって農業は幼い頃から身近なもので、漠然と「私にも北海道農業の為に何か出来ることはないか」という思いを昔から抱いていました。就職活動を進めるうちにそのことを思い出し、農業関係の企業を探すようになりました。そこで初めて中央会の存在を知り、農政や広報、営農支援等様々な角度から農業を支える仕事に魅力を感じました。

中央会の他とは違う魅力、職場の雰囲気

中央会は「協同組合」なので、利益の追求ではなく、「北海道農業や組合員のため」を目的としている所が特徴であり、魅力だと思います。

また、職員の人数が少ない分一人ひとりの仕事は幅広く、責任感を持って行う必要がありますが、だからこそ一つひとつの仕事に大きなやりがいを感じています。上司や先輩方は親身になって指導して下さる方が多く、安心して仕事ができています。

プライベートも含めて、今、力を入れていること

最近は、新しいことに挑戦することに力を入れています。社会人になって沢山の人と接してみて、プライベートでのふとした経験が、会話のきっかけや仕事に活きる機会が多いと気づきました。時間を見つけては、行ったことの無い場所に出かけてみたり、スポーツに挑戦したり、話題の本を読んでみたり…。経験を積む為、チャンスがあればどんなことでも挑戦するように意識しています。学生の内から色んな事に挑戦しておくと、社会人になってからきっと役に立つと思います。

staff_torimoto_03

学生のみなさんへのメッセージ

就職活動では、まずは視野を広く持って色々な業界を見てみるのが良いと思います。初めから業界を絞るのも一つの手ですが、選択肢を多く持つ方がより自分に合った企業が見つかる確率は高くなると思いますし、様々な業界についての知識が社会人になって活きる事もあります。就職活動の進み具合は人それぞれなので、周りと比べなくて良いと思います。自分のペースで、納得できる就職先を見つけて下さい。あまり根を詰めすぎず、プライベートでの息抜きも大切にしてくださいね!

sp_pagetop