btn

採用情報

職員紹介

旭川支所 大場俊貴

担当業務

上川・留萌・宗谷地区のJAに対する会計・税務・労務といった分野での支援や相談対応が主な仕事です。電話にて受けた相談に回答したり、時にはJAに出向いて聞き取りを行ったりします。

また、生産者でもあるJAの役員さんや、女性部といった生産者の奥様方を対象とした会議や研修の準備・運営を行うなど、農家の皆さんとの関わりも非常に多い仕事です。

未熟で分からないことや失敗することも多々ありますが、日々学びながら、多くの先輩や同僚の力を借りて業務に励んでおります。

staff_ooba_02

ある日のスケジュール

8:30出勤。メールチェック。その日にやるべき仕事を洗い出して確認。
9:00前日に出席した会議の報告書を作成。電話によるJAからの相談対応。
12:00昼食
13:00担当している会議の資料作成、会場手配。
15:00JAへ出向き、コンプライアンスをテーマとした研修の講師対応
17:30退勤。

志望理由

大学時代で学んでいた財務会計の知識を少しでも活かせるような仕事ができたら良いなと思っていたところ、JAの会計・税務・労務にまつわる相談や支援といった業務を担う中央会の仕事に興味を持ったのがきっかけです。最初は何となくといった程度の興味でしたが、中央会という組織を知っていくうちに、JAや生産者である組合員のための組織であるという仕事の対象の明確さを感じ、また自分の能力を微力ながらも間接的に北海道農業のために活かせるかもしれないという期待を感じ、強く志望するようになりました。

中央会の他とは違う魅力、職場の雰囲気

中央会ってどんな仕事をしているの?と聞かれると返答に困る程、ジャンルにとらわれない仕事をさせてもらっております。JAに出向いて行う経営課題の聞き取り、研修会の講師、会議の企画・準備、農家の奥様方との活動等々、飽きの来ない仕事だと感じます。

また、決して大きな組織ではなく、例えば私の所属する旭川支所は10人近くの人数で留萌・上川・宗谷といった広範囲のエリアを担当しており、職員ごとの役割がとても大きいです。もちろん責任も伴いますが、私のような若手にもしっかり役割と裁量が与えられ、自分が組織の一員である実感を持って仕事に取り組めます。

プライベートも含めて、今、力を入れていること

プライベートは、基本的に土日が休みなので、車で厚岸まで牡蠣を食べに行ったり、会社の同期とキャンプに行ったり、存分に満喫させてもらっています。また、旭川に住み始めて間もないので、土地感を身につける意味も込めて、美味しいお店を探しに出歩いたりもしています。

staff_ooba_03

学生のみなさんへのメッセージ

強く志望した理想の企業に就職できても、働く中で思う様にいかないことや悩みが生まれることもあると思います。そんな時に、就職活動で色々な企業を知り、考え尽くしてこの企業を選んだのだという自信は、きっと心の支えになります。

私自身、就職活動を始める前、この仕事や業界を志望していたわけではありませんでした。たまたま話を聞いて、ここなら自分にも活躍できる場があるのかもしれないな…と何となく感じたのが志望のきっかけです。

どれだけ自分の適性を理解し、能力を磨いても、そんな自分にマッチした仕事と出会えなければ勿体無いです。ぜひ食わず嫌いせず、色々な職業や企業との出会いを求めて、自分が納得できるゴールにたどり着けるよう頑張ってください。

sp_pagetop