btn

採用情報

職員紹介

共同活動推進室 加藤雅幸

担当業務

協同活動推進室では、北海道農業青年部協議会(JA道青協)の事務局を担当しています。
青年部とはJAをよりどころに集まった若き農業青年の組織で、活動を通じて農業振興や、より良い地域づくりに貢献しています。生産者である青年部と直接のやり取りが多く、様々な刺激を受けながら働いています。

staff_kato_02

ある日のスケジュール

8:00出勤、メールチェック
9:00朝礼
青年部役員と電話・LINEで打ち合わせ
関係団体と打ち合わせ
12:00昼食
13:00打ち合わせ内容に基づく資料作成
会議・研修会資料の作成
17:30退勤

志望理由

私は北海道出身で、大学も北海道内でした。今後も北海道で生活したかったため、道内での就職を志望していました。大学では、農学を専攻し、農作業のアルバイトをしていました。その結果、農業に対する興味が強くなり、農家さんとも直接交流することで、北海道の農業に貢献できる仕事がしたいと思うようになりました。大学院に行っていたので、研究職にも興味がありましたが、より農業に身近でかつ幅広い分野で仕事がしたいと思い、中央会の説明会に参加しました。その時に、中央会は幅広い仕事をする、という印象を持ち、好奇心旺盛な自分には適していると感じ、中央会を志望しました。

中央会の他とは違う魅力、職場の雰囲気

他の職場の同期と話す限り、1年目から様々な仕事を経験していると思います。そのため、今日は何の仕事をしたのだろう?という同期が多い中、私はあっと言う間に1日が終わります。上司や先輩は時間を掛けて説明してくれるので、複雑な政策・仕組みを知り、より仕事の意味も理解ができるため、充実した時間を過ごしています。このように万全なバックアップ体制のもと、若いうちから様々な仕事ができる!これが中央会の魅力だと思います。

プライベートも含めて、今、力を入れていること

私は多趣味のため、平日・休日の時間をフル活用できるようにしています。平日も終業後に時間があるので、好きな物を食べる・のんびりお風呂に入る・飲みに行く・家事をしてみる・ペットのお世話等をしています。休日には、釣り・ドライブ・温泉・買い物等、休日ならではのことをしています。特に釣りでは先日釣り新聞に載ったので、また載せてもらえるように、週末は奮闘しています!

staff_kato_03

学生のみなさんへのメッセージ

就職活動をする上で、重視する点は人それぞれで、考え方が違うと思います。採用する側も同じで、就活生の何かを重視して採用しています。そのため、就活生に重要なのは、自分がその職業・職場に何を求めるのか、何が自分の長所・短所なのかを明確にすることです。少しでも有名な大企業に就職したいという気持ちもわかりますが、自分に嘘をついて就職しても、その後に辛くなります。自分を最大限にアピールして、採用された職場に就職することで、その後の人生を充実出来ると思います。就活は大変ですが、頑張ってください、応援しています!

sp_pagetop