btn

採用情報

職員紹介

総合管理室 五十嵐陽

担当業務

私の部署では、JAグループ北海道(JA・連合会)を代表して情報発信を行う共通広報事業を行っています。
組合員向けのJA広報誌用記事「JAグループ通信」や本会Facebookページの原稿作成、各種イベントの準備、定例記者会見、テレビやラジオ番組の企画打ち合わせなど担当業務は様々です。
定型業務が少なく、外での仕事も多い部署ですが、様々な人と関わることができ、日々多くの学びを得ながら頑張っています。

staff_igarashi_02

ある日のスケジュール

8:30出勤。新聞各紙クリッピング。
9:00朝礼。JAグループ通信の作成。
10:00定例記者会見会場準備。
11:00中央会Facebookページ原稿作成。
12:00昼食。同期ととても仲良く食べています(笑)
13:00『あぐり王国北海道NEXT』台本打合せ。
14:30新聞・テレビなどのマスコミ受付。
15:00定例記者会見。
16:00会場片付け。
17:15退勤

志望理由

父の仕事柄、農業は幼い頃から身近な存在でした。大学進学を機に北海道を一度離れたことで、北海道農業の魅力や影響力を再確認し、そんな北海道農業を支えることができる、中央会を志望しました。
中央会で働き、北海道農業を支えることは、日本の食生活を守ることにもつながると思ったことも大きな理由の一つです。

中央会の他とは違う魅力、職場の雰囲気

「幅広い業務フィールドがあること」が本会の大きな魅力の一つだと思います。
上司や先輩方を見ると、様々な部署での経験が今の部署でも活きていることがよくわかります。
また、個性的な職員も多く、同期だけ見てもブラジリアン柔術や日本舞踊を習っている等、様々な人がいます。

プライベートも含めて、今、力を入れていること

私は学生時代、よく海外でひとり旅をしていました(友人がいない訳ではありません笑)。社会人1年目も「年に一度は海外へ」をモットーにシンガポールに行きました(もちろん1人で…)
また、週末には同期と道内を旅行しています。函館や知床、釧路など道内各地を訪れました。
社会人になってからも楽しいことはたくさんありますよ!

staff_igarashi_03

学生のみなさんへのメッセージ

「何をやるかより、誰とやるか」これが私の就活の軸の一つでした。
私は小学校1年生から高校卒業までサッカーを続けました。
しかし、大学に入ってから、自分は「サッカーが好き」というよりも、「一緒にやる仲間や先生が好き」だったのかもしれないと思いました。
もし、その仲間とならバスケでも野球でも夢中になれたのかもしれない。
自分にとって「仕事の内容と同じくらい、誰とやるかも重要」ということに気づいてからは、社員の方々や面接で一緒になった就活生の雰囲気などを見ていました。

皆さんが今まで必死になって取り組んだことは何ですか?なぜ必死になれましたか?そんなことを考えてみると何か新しい発見があるかもしれません。

就活では、選考に落ちることもあると思います。けれど「自分のやりたいことができないから落ちたんだ」と前向きに考えてみてはいかがでしょうか?
皆さんにぴったりな職場が見つかるよう、心から応援しています!

sp_pagetop