btn

北海道農業の1年を象徴する「今年の漢字」を発表

情報発信

2017年12月27日

北海道農業の1年を象徴する「今年の漢字」を発表

 JAグループ北海道は、平成29年12月20日、北農ビルで定例記者会見を開催しました。

 その中で、本会の飛田会長が発表した2017年の北海道農業やJAを象徴する今年の漢字は『種』。

 昨年の台風被害を北海道一丸となり乗り越え、着実に種をまき、豊穣の秋を迎えられたことや、国際貿易交渉の妥結により将来への不安の種がまかれてしまったこと、主要農産物種子法の廃止など、『種』の一文字には2017年の北海道農業を表す様々な背景を込めました。

 組合員・JA・連合会・中央会が多種多様なアプローチで大会決議の実践に取り組み、自己改革を進めていくことへの意気込みと期待を寄せて、2017年を締めくくりました。

DSC_0027

sp_pagetop