btn

経営所得安定対策の単価改訂について

農業政策

2019年11月27日

経営所得安定対策の単価改訂について

 みなさんこんにちは。JA北海道中央会広報担当です。

 農政運動のご報告です。

 

 経営所得安定対策の単価改訂は、3年に一度、単価見直しが行われており、11月22日に改訂単価が発表されました。

 JAグループ北海道は生産現場の意見を反映するべく、春より各JA及び地域の課題を整理し、政策提案書として与党農林幹部や道内選出国会議員、農林水産省に手交しております。

 政策提案書の詳細は下記より確認お願い致します。

 ○経営所得安定対策の単価改訂等に係る政策提案書

   経営所得安定対策の単価改訂等に係る政策提案書

   ↑クリックしダウンロード願います。

 ○単価改訂内容

   小 麦(60㎏)      6,710円(▲250円)

   大 豆(60㎏)      9,930円(+810円)

   てん菜(1t)        6,840円(▲610円)

   てん菜基準糖度       16.6度(+0.3度)

   でん粉原料馬鈴しょ(1t)     13,560円(+1,890円)

   基準でん粉含有率         19.7%(+0.2%)

   そ ば(45㎏)      13,170円(▲3,790円)

   なたね(60㎏)      8,000円(▲1,930円)

 

 今般の単価改定にあたっては、品目ごとに単価の引き上げ、引き下げがあったものの、特にてん菜の基準糖度、でん粉原料用馬鈴しょの基準でん粉含有量について、大きく引き上がる懸念がありましたが、産地の事情や担い手の生産意欲への最大限の配慮、また将来に向かって安定的に作付、輪作できる水準に決定頂いたと考えております。

 引き続き、JAグループ北海道の要請経過の報告及び情勢については、随時お知らせいたします。今後も北海道の農家・組合員が安心して営農できるよう全力で取り組んで参ります。

 

JAについて、北海道農業について知りたいという方は、こちらをポチ!

○JAグループ北海道ポータルサイト

http://ja-dosanko.jp/

sp_pagetop