btn

令和2年度国費予算概算要求に係る農林水産省との意見交換会を開催

農業政策

2019年07月18日

令和2年度国費予算概算要求に係る農林水産省との意見交換会を開催

 みなさんこんにちは。JA北海道中央会広報担当です。

 農政運動のご報告です。

 

 7月3日に全道JAの組合長ら70名が参加し、国際貿易協定・交渉の情勢並びに令和2年度国費予算概算要求に係る農林水産省との意見交換会を実施しました。

日米貿易協定交渉を含む国際貿易協定については、農業が犠牲にならないよう取り進めるよう十分な検証と対策を実行するよう要望しました。

 国費予算概算要求については、JAグループ北海道で決定した政策提案を元に、作目別共通対策、水田農業対策、畑作青果対策、酪農畜産対策について農林水産省に対して、北海道の生産現場に必要な意見を要望しました。

10147407128337

 

10157473382239

 

 今年は国が「食料・農業・農村基本計画」を見直す5年に1度の重要な年であり、見直しにあたっては専業農家が多い北海道農業が食料安定供給に果たす役割の明確な位置づけと、北海道農業の根幹を支えている家族経営が農業生産を維持・拡大できる施策を盛り込むこと等、を要望しました。

 引き続き、JAグループ北海道の政策提案の実現を図り、今後も北海道の農家・組合員が安心して営農できるよう取り組んで参ります。

 

 ○食料・農業・農村基本計画についてはこちらをクリック!

 農林水産省HP   http://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/

  ○JAについて、北海道農業について知りたいという方は、こちらをクリック!

  JAグループ北海道ポータルサイト  http://ja-dosanko.jp/

 

sp_pagetop