btn

第8回 北海道農協米対策本部委員会を開催

農業政策

2019年03月29日

第8回 北海道農協米対策本部委員会を開催

 JAグループ北海道は、平成31年3月20日、札幌にて第8回北海道農協米対策本部委員会を開催しました。

 同委員会では、米および水田農業政策の確立に向けた対応として、「31年度農業関係予算概算決定等の概要及び課題と今後の対応」と「北海道水田農業ビジョン第3版」に基づいた組織討議資料を協議・決定しました。今後は、各地区・JA段階における組織討議を行い、各地区からの意見を踏まえて6月の道米対にて政策提案内容を協議・決定し、政策提案実現に向けた要請運動を展開いたします。

 政府備蓄米については、米の主産地として食料安全保障や需給安定への協力、今後の政策・支援策の実現に向けた対応という観点の下、全道的な推進を行うことを決定しました。今後は、協力頂ける産地の取りまとめを行い、取引数量の積上げを図ります。併せて、政府備蓄米に取り組む上では、生産者まで結び付けを行う必要があるといった推進上の課題があることから、運用改善を国に求めてまいります。

sp_pagetop