btn

生乳農協共販に係る理解醸成資料の改訂について

農業政策

2018年07月27日

生乳農協共販に係る理解醸成資料の改訂について

 北海道農協酪農・畜産対策本部委員会では、青年部・女性部をはじめ、各JAに対し生乳農協共販の更なる理解醸成を図るとともに、牛乳・乳製品の安定供給などに資する生乳農協共販の機能について、消費者の皆様にも広く理解していただく活動をしております。

 本資料は、JA道青協・JA道女性協のご意見・ご協力を得て、平成28年10月に本会とホクレンにて作成した「指定生乳生産者団体制度について」の内容を改訂したものとなっております。ホクレンを中心とした生乳の農協共販制度やその歴史等について簡潔にまとめておりますので、本資料が生産者・消費者双方にとって、制度の理解を深めるための一助となれば幸いです。

 

お問い合わせ先:JA北海道中央会農政部酪農畜産課 TEL:011-232-6415

 

【添付資料】改正畜安法の概要と生乳農協共販の機能

sp_pagetop