btn

『平成30年産「生産の目安」』に係る生産者向け推進チラシを作成

農業政策

2018年01月16日

『平成30年産「生産の目安」』に係る生産者向け推進チラシを作成

 国による生産数量目標の配分が廃止となる30年産以降において、北海道では、道及び地域の「農業再生協議会」が主体となり、全道の生産者、農業関係機関・団体、集荷業者、行政等「米関係者」が一体となったオール北海道体制で需要に応じた米生産を推進していくこととし、昨年12月18日開催の北海道農業再生協議会水田部会において、全道及び地域別の30年産「生産の目安」を設定しました。

 JAグループ北海道としても、昨年12月18日開催の北海道農協米対策本部委員会において、「生産の目安」の達成を目標とし、その確実な達成に向けて道内の米関係者と一丸となって取り組むことを確認しました。

 今般、上記ポイントをまとめたチラシをJA・生産者向けに作成しましたので、掲載いたします。

h30seisanmeyasu_2アップ  

           (画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

sp_pagetop