btn

第5回 北海道農協米対策本部委員会を開催

農業政策

2017年09月19日

第5回 北海道農協米対策本部委員会を開催

 JAグループ北海道は、平成29年9月15日、札幌にて第5回北海道農協米対策本部委員会を開催しました。

 同委員会では、30年産より北海道農業再生協議会の水田部会で設定される「生産の目安」の具体的な運用方針である「基本的な考え方(案)」に対し、組織討議を踏まえ、JAグループとしての申し入れ事項を決定いたしました。

 申し入れ内容は、非主食用米を含めた北海道米需要に確実に対応することを目指して水張面積の確保を図るほか、地域別の加工用米の目安について参考値を示すこと、実効性の確保に向け地域協議会において目安を生産者別に設定することを求める内容としました。

 また、国の30年度予算の概算要求についても課題を整理し、米の直接支払交付金(7,500円/10a)財源の活用方法など、与党の議論が本格化する10月以降、30年度予算や29年度補正予算の編成に向けた要請運動を実施します。

sp_pagetop