btn

第7回 北海道農協米対策本部委員会を開催

農業政策

2017年02月17日

第7回 北海道農協米対策本部委員会を開催

 JAグループ北海道は、平成29年2月8日(水)、札幌市にて第7回北海道農協米対策本部委員会を開催しました。

 同委員会では、平成30年産から廃止となる米の直接支払交付金の財源の活用方法やナラシ対策を含めた需要に応じた生産に対するメリット措置の検討等、新たな仕組みに対応した政策の確立に向けて、早期の対応を図ることが必要との観点から、平成30年度予算概算要求等に向けた政策提案の検討を例年より早い3月から行うことを決定しました。

 今後は、水田農家の所得向上や安定した農業経営を守るためにも、JAグループとしての意見を平成30年産以降の米政策に反映させるべく、引き続き要請運動を行ってまいります。

sp_pagetop