btn

採用情報

職員紹介

旭川支所 真柄彰宏

担当業務

上川・留萌地区の酪農畜産関係業務を担当し、JAの意見集約やJA間の調整などを行っています。

留萌地区農協青年部協議会の事務局も担当しています。青年部(生産者)の皆さんと一緒に札幌市で留萌地区産の農畜産物の販売とPRを実施することも活動の1つです。短期間でしたが、たくさんの方々に購入していただき、留萌産の農畜産物を知ってもらう良い機会となりました!

staff_magara_02

ある日のスケジュール

8:50出勤。メールチェック。
9:00朝礼。一日の業務確認。昼からの会議に向けた打ち合わせ。
10:00JAグループ北海道の共通広報事業関係のテレビ会議に出席。
12:00上川農業会館内で食事。
13:00会議に向けた会場準備。
14:30会議でJA部課長の皆さんに資料説明。
17:30懇親会(会議参加者の意見交換や交流を目的としています)。
20:00帰宅。

志望理由

北海道は農業が基幹産業であり、道内の多くの地域は農業と関連する産業によって地域が成り立っています。実家が農業を営んでいるため、小さい頃から農業が身近にあり、農業関係の仕事に就くことで、農業を通して地域への貢献、また親孝行にもなるのではないかと考えていました。

就職活動を始めた中で、全道JAの指導機関として北海道農業に貢献できる職場と思い志望致しました。

中央会の他とは違う魅力、職場の雰囲気

入会当初から年齢に関係なく、仕事を任せてもらえることが大きな魅力の1つだと思います。講師や会議での説明等では、緊張することも多くありますが、仕事を任せてもらえることで、自分の考えを仕事に反映させることもでき、「やりがい」があります。

プライベートも含めて、今、力を入れていること

二人の子供の子育てを頑張っています。

休日は、子供と動物園や公園に出かけて一緒に遊び、成長していく姿を楽しみにしています。

職場も子育てに対して理解があり、恵まれた環境で仕事ができています。

学生のみなさんへのメッセージ

就職は、今までにない人生の中での大きな選択の時です。自分が本当に何をしたいのか、明確にして取り組むことが大切だと思います。

単なるイメージや情報だけに捕らわれることなく、実際に色々な人に出会い、話を聞くことや会社訪問をすることで、より自分自身がそこで働くことを想像できると思います。

就職活動が終わった後に、後悔をしないように自分自身が出来るすべてのことを行い、最後まで焦らず頑張ってください!

sp_pagetop