btn

採用情報

職員紹介

営農指導課 千葉耕平

担当業務

担い手・農地対策、食の安全安心確保、農業税務対策、JA営農担当職員の育成、6次産業化対応など、個別の作物に関わらないこと全てに対する幅広い業務を担当しています。JAからの相談対応では相応の知識が求められるため、日々、勉強の毎日です。

内容も、農業者個人に関わること、JA・地域に関わること、全道段階の方針作成に関わることと、対象も広い仕事なので、誰のためにやるのか、視点をどこに置くかが非常に重要なポイントと捉えています。

staff_chiba_02

ある日のスケジュール

8:30出勤。メールチェック・スケジュールチェック。
9:00朝礼。JAからの営農関係相談対応。
12:00職場で愛妻おにぎりランチ。
13:00翌日の担い手対策関係会議に向けて内部打合せ。
14:00食の安全・安心確保に関する関係団体との打合せ。
16:00農業税務関係資料の作成。
17:30退勤。

志望理由

私は以前、乳業メーカーで勤務しており、道外で働いていましたが、元々、北海道出身で北海道LOVEということもあり、常々、地元で働きたいと考えておりました。

北海道の産業の中心である農業と生きるための基本である食の仕事に携わりたいと考え、道内の農家やJA、そして北海道のために働ける本会を志望しました。

中央会の他とは違う魅力、職場の雰囲気

以前の勤め先では、営業の仕事をしておりましたので、当時は売り上げの拡大、利益の確保、販売代金の回収と業績が評価に直結しました。本会はそういった数値目標がないので、数字に縛られることなく個人の裁量で様々な仕掛けができ、やりたい事がとことんできる仕事ですが、誰のために、何をすべきかを念頭に、仕事を組み立てる必要があります。職場の雰囲気は部署によって様々ですが、言いたい事が言える、やりたい事ができる職場風土だと思います。

プライベートも含めて、今、力を入れていること

休日は年中野球漬けの日々です。

夏場は会内サークルで、自らプレー。子供たちも、少年野球をやっており、その中では、指導者として白球を追いかけています。

指導者として、大変な事も多く、野球以外にどこにも遊びに行けないデメリットもありますが、家族全員(妻1人、子供3人)で野球を楽しんでいます。

staff_chiba_03

学生のみなさんへのメッセージ

就職活動を通じ「今まで何をしてきたか」を振り返ることも大切ですが、これから「何をしたいか」を考え、実践することが大切だと思います。

前向きに物事を捉え、チャレンジ精神のもと突き進んでください。

sp_pagetop